• 病院以外で看護師を募集している職場

    看護師が働ける場所は、病院だけではありません。

    むしろ、病院以外の職場での需要が増えてきている状態です。

     

    そんな職場ですが、ハローワークや求人誌などといった一般的な情報で探すのは、非常に困難です。

    そこで活用したいのが、看護師専門の求人サイトとなるのですが、はじめて転職をするという方はどんなサイトなのかわからないと思います。

    ここでは、代表的な大手求人サイトをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

     

    ナースではたらこ

     

    ナースではたらこは、求人サポート企業大手のディップDipが運営母体です。

    大手が全て良いとは限りませんが、やはり大手には多くの転職サポート実績や情報量の多さが強みで、転職者側からみれば、頼りになる重要な選択要素と言えます。

    全国9万件以上の医療機関から転職先を探せ、全国90%以上の医療機関を網羅しています。

     

    ナースではたらこの特徴は、会員限定の非公開求人が多数あることです。

    ナースではたらこに登録すれば、この多くに求人情報にアクセスでき、多くの求人情報から自分に適合した転職先を見つけられる可能性が高まると言えます。

     

    また、ナースではたらこでは、逆指名転職サービスがあります。

    働きたい病院があっても、その病院の求人募集がなく、諦めている方もいると思います。

    ナースではたらこでは、このような書かに対して、あなたに代わってこのような病院に求人状況やその条件等の確認サービスを行っています。これは、ナースではたらこの大きな特徴と言えます。

     

    更に、看護師転職の核となる面接や各種書類の書き方についても、専任のコンサルタントがあなたの考えを十分に聞いた上でアドバイスを行い、病院との条件交渉等のトータルサポートも行う特徴を備えています。

    転職希望者の希望にできる限りマッチした職場を紹介するために、看護部長やそこに勤務する看護師さんへのヒアリングや現場訪問などの”独自職場取材も行っています。

    その活動で得た“生の職場情報”を持っていることもナースではたらこの大きな特徴と言えます。また、自分で直接聞きにくいことにつぃいても、転職希望者に代わって医療機関に確認するサービスも行っています。

     

    ナース人材バンク

     

    ナース人材バンクは、東証1部上場企業である株式会社エス・エム・エスが運営する看護師・准看護師・保健師・助産師の転職支援のサイトです。

    厚生労働省から正式な許可を受けて行っている人材紹介サービス企業です。

     

    ナース人材バンクを利用して転職する看護師の方は約15万人ほどに上り、この人材バンクには年間10万人以上の看護師の方が登録しています。

    また、ナース人材バンクの特徴は、全国で200名近いコンサルタントを配し、多数の看護師の方が利用し、紹介実績No.1を争うナース人材紹介サービスとして知られています。

     

    転職をサポートするコンサルタントも経験豊富で、転職者の希望条件の確実な把握に努め、希望に適合する就職先を案内できることも、その特徴の1つです。

    また、転職の際には、様々な個人情報の提出が求められますが、この点についても、上場企業が運営管理するナース人材バンクでは、プライバシーマークも取得し、個人情報の徹底管理を実行しています。

     

    ナース人材バンクには、登録者だけに案内する非公開求人情報があります。

    看護師の求人では、企業の募集や日勤のみのクリニックに人気があり、公開すると応募が殺到します。

    このような人気の求人を登録者に対して、優先的に案内するようにしています。

     

    自分からは主張しにくいものに、給与等の条件交渉がありますが、この点でもコンサルタントが仲介して希望先に伝えてくれます。

    更に、内定時には、入職条件が記載された捺印付きの書類を内定先から貰えます。その結果、入職後の条件相違による紛争を未然に回避できるのも、ナース人材バンクの大きな特徴と言えるでしょう。